実績のある業者にハクビシン対策を依頼しよう|害獣とサヨナラ

作業員

ハクビシンの特徴

house

ハクビシンは体長50~40センチメートルになります。大きいもので全長1メートルにもなります。また、生息地域は日本全国に広がっていて各地で被害を出しています。ハクビシン対策は専門業者に依頼をしましょう。

View Detail

住宅を壊す動物

ハクビシン

近年、山間部の開発事業がどんどん進んでいます。そのため、そこで暮らしていた野生動物の住処が無くなってしまいます。ハクビシンも追いやられた野生動物の仲間です。生活ができなくなったハクビシンは首都圏の住宅街に姿を表わすようになりました。そこで、近年住宅内におけるハクビシンの被害が増えてきました。屋根裏に住み着いて、断熱材を食いちぎってしまったり、深夜に天井内を駆けまわったりします。住み着いてしまうと、そこで糞尿を撒き散らしてしまいます。糞尿が溜まっていくと、腐敗をして材が抜けてしまう可能性があります。そうならないためにも、侵入経路を断つというハクビシン対策を行う必要があります。また、ハクビシンは、住宅内に侵入をすると身体に付着しているノミやダニを同時に入れてしまいます。そのために、住宅内でノミやダニが繁殖してしまいます。住宅における被害は、建物だけに留まらずに人間の健康にも大きな影響を及ぼすのです。こういった被害がもしでたら早急にハクビシン対策や駆除を行なっている業者に相談をしましょう。最近のハクビシン対策業者は、24時間365日年中無休で対応が可能なので、いつでも相談することができます。また、業者のなかには年間で5000件以上もの実績があるところが存在します。実際にハクビシンの駆除や対策を依頼する時には、こういった優良な業者に依頼をすると良いでしょう。害獣の被害を未然に防いで、安全な生活を送りましょう。

ハクビシンの被害

室内

ハクビシンは住宅内で様々な被害を出します。屋根裏に巣を作って、断熱材を食いちぎったり天井内を駆けまわったりします。また糞尿を撒き散らしてしまいます。そこで薬剤などをまいてハクビシン対策をすると効果的です。

View Detail

ハクビシンによる健康被害

作業員男性

ハクビシンは住宅内における被害だけにとどまりません。人間の健康にも多いきな影響を及ぼします。ノミやダニが身体に付着しているので、住宅内に侵入したらすぐに繁殖してしまいます。

View Detail